アットベリーの効果はどれくらいで出る?【口コミを調査】

アットベリーはワキ・膝・肘に出来た黒ずみを改善することが期待できる黒ずみケア専用のジェルです。

アットベリーを実際に購入しようと考えている方が一番きになることと言えば…

どれくらいで効果が出るの?

といった事だと思います。いくら効果的と言われても2年後に黒ずみが治りますと言われたら流石に嫌ですよね。

そこで薬用アットベリージェルを使って効果が出るまでの期間について口コミを調査してみました!

効果がでるのは最低1ヶ月半からだと思う

薬用アットベリーの口コミを調査した結果としては、薬用アットベリーを使用して効果が感じられるのは使用してから1ヶ月半からかと思われます。

その理由については詳しく紹介していきますね。

薬用アットベリーは黒ずみケア商品に含まれますが、そもそもこれらの商品って黒ずみにどのような効果を発揮するのかご存知でしょうか?

黒ずみはターンオーバーによって改善します。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる期間のことで、ターンオーバーを繰り返すことで黒ずんだ肌を綺麗な肌へと元に戻すことが出来るのです。

ターンオーバーは身体の元々の機能ですので、何もしなくても黒ずみは改善出来ます。

でも遅いです。

そこでターンオーバーをサポートして黒ずみの改善をサポートする働きがあるのが「薬用アットベリー」なのです。

ターンオーバーは年齢や肌質によって人それぞれ異なります。

以下の表は年齢別のターンオーバーの期間です。

10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

このターンーオーバーの期間は1回の期間ですので、黒ずみの症状によっては1回のターンーオーバーでは改善しない場合があります。

すると…平均1ヶ月半の期間が必要ということになるのです。

これが薬用アットベリーで効果を実感するためには1ヶ月半からの期間が必要と言われている理由です。

繰り返しますが、年齢や肌質や黒ずみの度合いによって、改善できる期間は異なります。即効性は求めずにじっくりと時間をかけてケアをするのが大事になっていきます。

効果を発揮するための正しい使い方

薬用アットベリーは塗るだけでケアが簡単に出来ますが、簡単だからこそ注意すべきポイントはあります。

それはアットベリーを黒ずみの部位に塗った後に、手のひらで抑えて温めるということです。

薬用アットベリージェルは「美肌熟成方式」と呼ばれる方式を採用しており、ジェルを温めることで肌の奥まで浸透しやすくなるという働きがあるのです。

アットベリーの口コミで「効果がなかった」と言っている人はもしかするとこの工程を知らなかったのかもしれませんね。アットベリーと同封されているパンフレットの中に使い方が詳しく解説されているのですが…汗

ですのでこれを読んだ貴方は、アットベリーを塗ったら手で温めて効率良く浸透させてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする