薬用アットベリーは乳首に塗っても黒乳首を卒業できるの?

薬用アットベリーは、全身に使用することが出来る黒ずみケアクリームです。口コミでも人気となっている実力派の薬用アットベリージェルですが、乳首には使用しても大丈夫なのでしょうか?

乳首は敏感ですから少し傷めるだけでも怖いですよね。

子供への影響は無いの?

といった事が気になるかと思います。

そこで薬用アットベリージェルの安全性について詳しく解説していきたいと思います。

薬用アットベリージェルに危険性は無い?

薬用アットベリージェルは乳首に塗っても問題ありません。実際に乳首に薬用アットベリージェルを使用して効果を感じられた人がいらっしゃいました。

乳首にも優しく塗り込むだけでOKです。

なぜ乳首にも使用することが出来るのかというと、薬用アットベリージェルは無添加で作られているからです。

薬局やドラッグストアなどで市販されている多くの黒ずみケアクリームは、コストを抑えるために少し刺激の強い成分を配合している事が多いんですよね。もちろん効果が出ればそれでも良いという人には関係ない話ですが、やはり乳首やVIOなどのデリケートな部位に使用するには、安全性は気になってしまうものです。

薬用アットベリージェルは、

  • 合成香料
  • シリコン
  • 合成界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • 着色料

といった添加物を配合していないこだわりがあります。

無添加を強調している商品でも、無添加素材は4種類だけといったこともあり、薬用アットベリージェルの8種類の無添加は安全度が高いと言えます。

ですから乾燥肌や敏感肌の人の乳首でも、安全に使用することが可能になります。

薬用アットベリージェルの魅力とは?

薬用アットベリージェルの魅力はなんといっても黒ずみが出来るのを予防することが出来るということです。

黒ずみの原因には色々なものがありますが、その多くが乾燥や摩擦からの刺激によるものです。

特に乳首は乾燥や摩擦を受けやすい部位でもありますので、黒ずみやすいんですよね。

そこで薬用アットベリージェルの出番です。

薬用アットベリージェルに含まれている保湿成分により、乾燥を防ぐことは勿論、刺激を防ぐことが出来るんです。

薬用アットベリージェルの

  • セラミド
  • エラスチン

といった成分が肌の表面にバリアを作り、外部からの刺激から守る働きがあります。

このケアができる黒ずみケアジェルは薬用アットベリージェルだけですのでとっても良い魅力です。

一般的な黒ずみケアクリームと同じく、1日2回乳首に塗るだけで簡単にケアすることが出来ますよ!

薬用アットベリージェルの口コミから見えた効果がない人の欠落とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする