アットベリーはデリケートゾーンにも効果的?安全に使えるの?

薬用アットベリーは脇や膝や肘などにできた色素沈着や黒ずみをケアして改善する効果に期待が出来るジェルです。

アットベリーの大きな特徴「全身に使える」ということがあります。

全身ということは勿論デリケートゾーン(VIO)にも使えるハズなのですが、デリケートな部分ですからちょっと怖いですよね。

そこでアットベリーのデリケートゾーンへの効果や安全性について調べてみました。

アットベリーのデリケートゾーンへの効果とは?

アットベリーはデリケートゾーン(VIO)にも使用することは勿論可能です。ただ粘膜部位以外への使用ですので、Iラインには注意してください。(ビラビラはOKですが、アットベリーが中に入らないようにご注意を。)

デリケートーゾーン(VIO)って体の中でも黒ずみが出来やすい部位でもあるのです。その理由としては以下の理由があります。

  • 下着で肌が擦れて刺激を与えやすい
  • カミソリなどの処理で肌に刺激を与えやすい
  • 乾燥しやすい

黒ずみは肌の刺激によってメラニンが過剰に生成され、色素沈着としてシミてしまうのが原因です。VIOラインは得に黒ずみができやすい部位でもあるのです。

そこでアットベリーが大事にしているのが保湿効果です。

ヒアルロンやコラーゲンなどの高品質な保湿成分を多く配合することで、刺から肌を守る為のバリアを作ります。

これが、薬用アットベリーがデリケートゾーンに効果的な理由です。

アットベリーのデリケートゾーンへの安全性とは?

アットベリーは安全性が高いことでも注目を集めています。市販されている多くの黒ずみケアクリームはコストを抑えるために肌にあまりよくない成分を配合していることも多く、乾燥肌や敏感肌などの人には刺激となる事があります。

アットベリーはそんな刺激がないよう無添加成分で作られているので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用することが可能です。

デリケートゾーンは敏感な部位ですから、安全性は重要ですよね。アットベリーはデリケートゾーンの黒ずみにも安心して使えることが出来るかと思いますよ。

黒ずみケアは早いもの勝ち!

今あなたの回りには肌が綺麗な人はいますでしょうか?

その人達は昔から黒ずみケアをしていたかもしれません。というのもアットベリーだけに限らず、黒ずみを治すにはある程度の期間が必要になります。(ターンオーバーによって改善するため)

ですので、あなたが今綺麗と思っている人は昔からケアをしていた人達ということになるんです。

黒ずみは放置しているとどんどん濃くなってきます。後から後悔しないためにも、ケアをするなら早いほうが良いかと思います

アットベリーの口コミから見えた効果がない人の欠落とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする